脱毛器 > ※ ケノンVSセンスエピ 【家庭用脱毛器 王座決定戦】

※ ケノンVSセンスエピ 【家庭用脱毛器 王座決定戦】

kenon-vs-sensepil-zingi.gif
ケノン

  • 価格

    79,800円

  • 照射面積

    2cm×3.5cm

  • ワンショット費用

    約0.20円

  • ハンドピース

    約120g

  • 付属機能

    6連射 眉毛用脱毛器 光エステ機能

  • 消耗品

    カートリッジ -------------- 7,700円 (3,8万回/個)

センスエピ

sensepil-sss.jpg
  • 価格

    39,800円

  • 照射面積

    2cm×3cm

  • ワンショット費用

    約7円

  • ハンドピース

    約240g

  • 付属機能

    肌色センサー

  • 消耗品

    カートリッジ -------------- 5250円 (750回/個)

kenon-vs-sensepil-shousya.gif
本体価格はセンスエピに軍配!しかし、コスパ・機能性に難点あり!


センス・エピもIPL方式の光脱毛器です。しかも価格が39,800円!とケノンと比べて4万円も安く購入できるので安さではセンス・エピがピカイチ!

ケノンと比較して大きな違いは、付属機能の肌色センサーが搭載されていることで、肌が黒い色の人でも照射前にセンサーが肌の色を識別して照射可能かどうかを判断するような機能です。この機能のおかげで、世界中で多くの国で家庭用脱毛器が支持され使われるようになり、今でも売れ続けている大きな理由でしょう。

日本でも、センスエピが販売された当初は、ほかに類似したIPL方式の光脱毛器が普及されていなかったので、唯一の商品として、たくさんの人が購入しました。しかし、今は日本でもIPL方式の光脱毛器がたくさん販売され、機能も進化し、日本人に合った脱毛器として改良されたので、より良い製品を選んでいくべきです。

センス・エピのハンドピースの重さはケノンの約2倍もあり、連射機能もありません。カートリッジの価格は安いが、1ショット当たりの価格で比較すると、ケノンは約0.2円でセンス・エピは約7円と約35倍も高いので長く使う場合はケノンのほうのが安上がりです。付属機能も合わせて比較すると、センス・エピは特に色黒の肌質の人が脱毛をしたい場合にのみ選ぶと良い脱毛器で、それ以外はケノンのほうがコストパフォーマンスが良いですね。





 【家庭用脱毛器 王座決定戦】 対戦カード一覧 







レビューから選ぶ!
脱毛器レポート
  • 自腹で購入した家庭用脱毛器のレビューを公開!。脱毛器の使い方や、使い心地を知りたい方は必見!。

    脱毛器 レビュー
特集記事から選ぶ!
脱毛器 記事
  • 脱毛器を熟知した当サイトが自信をもってご紹介する面白コンテンツ!。他のサイトにはない情報を提供しています。

    脱毛器 特集記事
ランキングから選ぶ!
脱毛器 ランキング
  • 今どの脱毛器が人気があって売れているかを、まずはランキングを見てチェックしてください!。

    脱毛器 ランキング
比較表から選ぶ!
脱毛器 比較表
  • 脱毛器を徹底的に調べて比較表にしています、比較表の数は日本一を自負、可能な限り徹底比較!

    脱毛器 比較表



脱毛器 TOPページ 脱毛器 レビューページ ケノン 口コミ モーパプロ 口コミ センスエピ 口コミ エスピル 口コミ トリアプラス 口コミ ノーノーヘア 口コミ イーモリジュ 口コミ イーモ 口コミ トリア 口コミ

更新 【NEW!】

登録しておくと、次回ご覧になる時に便利ですよ☆



管理人ブログ(脱毛器口コミ情報局)

脱毛器 Q&A 脱毛器 豆知識
google